更年期アラフィフ世代のニオイ対策

更年期アラフィフ世代のニオイ対策 対処法

女性は閉経を迎えるにあたり、年々女性ホルモンが減少し、様々な体調不良が現れるようになりますが、特徴的なものとしてホットフラッシュがあります。

更年期のホットフラッシュで一気に多量の汗をかくと、濃くニオイの強い汗になってしまいまいがちになります。

汗や皮脂の分泌を促す男性ホルモンの働きが優位になり、ニオイが発生しやすくなります。過剰な皮脂が汗を酸化させニオイが出やすくなるのです。

更年期は加齢臭が気になってくる年ごろです。さらにデリケートゾーン、足のニオイ、口のニオイも気になります。

今回は更年期に気になるニオイのお話をしたいと思います。

更年期に気を付けたいニオイ対策

脇汗のニオイ

脇汗のニオイ

ホットフラッシュを起こしてしまうという不安が精神性発汗を引き起こし、わきに多量の汗をかくケースもよくあります。

ホットフラッシュの汗には通常にはないアンモニアや乳酸などが混ざっていることで、ニオイの質が変わるともいわれています。

更年期を迎えたら、汗の臭いには注意したほうがよいでしょう。ホットフラッシュの発汗によってワキガの汗腺、アポクリン汗腺も刺激され、ワキガ臭が強くなる傾向にあるので注意です。

いやなことにネバネバした濃い汗が出やすい上に、精神的発汗で脇汗が出やすいのです。

対策はニオイ菌が発生しないよう、汗をかいたらボディ用のシートでふき取り、肌にニオイの発生源を残さないようにしておくのが直接的なニオイ対策につながります。

夏でも湯船に浸かり、汗腺の機能を高めることも大切です。足を温めることできちんと機能する全身の“能動汗腺” を増やしましょう。

デリケートゾーンのニオイ

デリケートゾーンのニオイ

閉経によってデリケートゾーンがニオいやすくなるという現象も起こりやすくなります。自浄作用が低下することでまわりの雑菌が入りやすくなり、ニオイを発生しているケースがあるようです。

閉経すると膣へ届く栄養がぐっと減り、粘膜のターンオーバーが乱れます。以前は自浄作用で排出できていた菌がとりきれず、デリケートゾーンのニオイが発生しやすくなります。

婦人科の先生に聞いたことがあるのですが、閉経後の膣の中を内視鏡で見ると、お風呂の排水溝のような不潔な汚れが入っていることがよくあるのだとか。

もちろん、そんな状況の膣は膣炎などのトラブルも起きやすくなります。

足のニオイ

足のニオイ

足にはニオイを発生しやすい皮膚の常在菌が住んでいて、靴を履いていて蒸れた環境だと強烈なニオイを発生させます。

また古い角質を放置したままにしておくことで、常在菌が暮らしやすい環境を作り出してしまいます。足のニオイが気になる方は角質ケアはきちんと行いましょう。

嫌なことに、疲労でむくんだ足からは疲労臭なるものが出てくるのだそうです。皮膚ガスとしてアンモニアが足から発生します。更年期や下半身の冷えでむくみやすい女性は要注意。

足から疲労臭を発生させないためには、血行をよくするのが一番の予防。股関節のストレッチ、足をたたいて刺激して血行を促すなど、静脈とリンパの流れを促進し、疲労物質アンモニアを排出しましょう。

口のニオイ

口のニオイ

悲しいことに更年期世代は口臭がきつくなる傾向があります。若い頃と違って、唾液が減り口の中がネバネバしやすくなり、歯周病になりやすくなってきて嫌な口臭を発生させます。

唾液は口の中をうるおすだけでなく、口内の細菌の増殖を抑え、口臭、虫歯、歯​周病など さまざまなトラブルから私たちを守っています。唾液を出すためにはキシリトールガムがおすすめ。

ちゃんと歯を磨いているのに口臭がある人がいます。口臭は内臓から発すると思われていますので、きっと胃からくるのねと思われがちですが、口から発生するものが8~9割なんだそうです。

アラフィー女性は歯周病を多く抱え、それがニオイのもとになっていることもよくあります。お口の中の健康チェックのために定期的なクリーニングに行くことをおすすめします。

忘れがちなのは、舌の汚れです。舌には食べかす、粘膜のはがれたかすなどがたまっています。これらもニオイのもととなるので、一日1回の舌磨きを習慣にしてください。味蕾(みらい)を傷つけないよう、専用クリーナーやブラシで優しくお掃除するのがおすすめです。
なければタオルで優しく拭くのもありです。

更年期以降は加齢臭が出やすくなる

自分のニオイは気になりなるものですよね。特に40代後半ごろから加齢臭の心配をする人とが増えてきます。

加齢臭の原因は何かをご存じでしょうか?

皮膚上で活性酸素が皮脂を酸化させ発生する『ノネナール』という成分が加齢臭の原因です。

その『ノネナール』という成分が男女問わず40代から増え、加齢臭が出やすくなるのだそうです。

加齢臭が出やすい箇所

加齢臭が出やすい部分は皮脂が出やすい場所ということで、頭皮、首の後ろ、脇の下、背中、胸もと、そして忘れがちな耳の後ろなどです。

加齢臭を予防したいですよね?
ポイントは食事。

加齢臭の原因となるのは動物性たんぱく質。脂の多い肉の摂り過ぎにはご注意ください。ビタミンC・E、ポリフェノールなど抗酸化作用の高い食品や大豆イソフラボンなどの植物性タンパク質を摂取することで加齢臭の予防をしましょう。

更年期のニオイ まとめ

いかがでしたでしょうか? 更年期世代はあらゆるニオイが気になるお年頃。すべてのニオイ対策になるのは「ニオイの元を作らないこと」です。

そしてほとんどは「清潔を保つこと」にあると言えます。
アラフィフ世代は忙しい世代。ついつい後回しにしてしまいがちな自分磨きですが、自分のことも忘れずにケアしていきたいものですね。

 

タイトルとURLをコピーしました