なぜ梅雨になるとむくみやすくなるの?

なぜ梅雨になるとむくみやすくなるの? むくみ

梅雨時は、なんとなく身体が重くて脚もだるい。気力体力共に落ちる季節ですよね。
更年期世代はこの時期は辛い時期です。

梅雨はさまざまな体調不良が起こりやすい季節です。原因が分からず、辛い症状に悩まされている人も多いのではないでしょうか。

梅雨時に起こりがちな身体の不調は、実はラダに余分な水分が溜まり、体調不良を起こしやすいことにあるかもしれませんよ。
まずはあなたの症状をチェックしてみてください。

□身体がむくむ
□身体が重だるい
□頭が重い・痛い
□立ちっぱなし・座りっぱなしだ
□水分や塩分をとりすぎている
□タンパク質の不足ぎみ
□運動不足である
□筋肉が衰えている
□グルグル回転するようなめまいがする
□食欲がわかない・胃が重い
□軟便や下痢傾向である
□オリモノが多い
□関節が動かしにくい・痛い・腫れる

梅雨時にむくみやすい理由

梅雨時にむくみやすい理由

雨が多いことによる湿度の上昇で、この状態が続いてしまうと、体の水分代謝が滞ってしまい、この時期体が「重だるい…」と感じることが多いことが考えられます。

むくみとは専門用語では浮腫(ふしゅ)と呼ばれていて、血管と組織の間で行われている水分の交換がうまくいかなくなります。血管と組織の間で行われている水分の交換がうまくいかなくなり、細胞に余計な水分が溜まってしまうため「むくみ」となります。

人間の体の60%は水分で出来ており、この水分が血液として回収されにくい心臓から遠い場所、手足や顔はむくみを感じやすい部分になります。

更年期とむくみ

更年期とむくみ

更年期には、むくみ(浮腫)を訴える人が多く、その部位は足、顔、手指など全身にみられます。

更年期になると、女性ホルモンのバランスが崩れて、自律神経の乱れが起こります。血液の流れはこの自律神経と密接に関わっており、血液の流れが悪くなったり、血管から血液中の水分がしみだしやすくなり、むくみが引き起こされます。

むくみにくい生活とは

むくみにくい生活とは

お風呂などで身体をしっかりと温めたり、マッサージをすることで、血行が良くなってむくみの解消や予防に繋がります。

また、利尿作用があるカリウムが不足すると、むくみが起こりやすいため、カリウムを多く含む食べ物をとるように心がけましょう。

むくみは更年期の症状だけではなく、別の病気の症状として出る場合もあり、症状が改善しない、長引く場合は医療機関に一度相談してみることをおすすめします。

むくみは適度な運動が〇

何にもしないでいると筋肉は衰えてしまい、筋肉が衰えてしまうと水分回収が上手く出来ず、むくむ原因の一つになってしまいます。

普段エスカレーター、エレベーターを使うところを階段で行ってみる、テレビを見ながら出来る運動をしてみる、など意識して出来る運動も心がけるようにしましょう。

むくみ解消ストレッチ

むくみに悩まされることの多いふくらはぎ。
立ち仕事や座り仕事をする人なら、誰もが経験することでしょう。

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれます。ふくらはぎのむくみは、スタイルが悪く見えるだけでなく、血液の循環が悪くなっているサインでもあるので、小まめにストレッチをしてむくみを防止しておきましょう。

ふくらはぎストレッチ

  1. 痛みを感じないぐらいまで大きく前後に足を開く。前の足、後ろの足ともに、足の裏はピッタリ床につける
  2. そのまま体をゆっくり前に倒し、後ろ足の筋肉が伸びたところでストップ

むくみにおすすめの食べ物

からだの調子を整えるビタミン、ミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウムなど)の不足BUT でも むくむと言われています。

そしてビタミンやミネラルを多く含む食品を摂りましょう。カリウムを多く含むアボカド、バナナ、ビタミンB1が豊富な豚肉、豆腐、小豆、かぼちゃなどがおすすめです。利尿作用のあるスイカ、キュウリ、冬瓜などのウリ科の食べ物も、むくみ解消に効果的といわれています。

また、利尿作用があるカリウムが不足すると、むくみが起こりやすいため、カリウムを多く含む食べ物をとるように心がけましょう。

塩分の摂り過ぎ注意
塩分の摂り過ぎは、むくみの原因となります。塩分を過剰に摂取すると、からだの中のナトリウム濃度が高くなり、細胞と細胞の間に水分を溜め込もうとします。その結果、血管の外に水分がしみ出てしまい、むくみにつながります。
アルコール注意
お酒がむくみの原因にもなりうるので注意。お酒を飲むことで、血管内の水分は少なくなる一方で、血管が膨張して外に水がしみ出してしまう「血管内脱水」という状態が起こり、むくみの原因になります。
インスタント食品やスナック菓子、麺類は塩分を多く含んでいることがあるので控えましょう。意外と見落としがちなのがアルコールのおつまみ類。味の濃いおつまみには注意しましょう。ヘルシーフードとして人気の和食も、味噌汁、漬物、梅干しは塩分が多いので気を付けましょう。

病気からくるむくみもあるので注意

むくみだけでなく、体がだるい、尿が出にくい、などの症状が有る場合は、腎臓、心臓、肝臓、甲状腺等の機能の問題でむくみが生じる場合もございますので、病院で相談しましょう。腎機能が低下している人がカリウムを摂りすぎると高カリウム血症になる心配があるので注意。おかしいと思ったら必ず医師にご相談をしてください。

タイトルとURLをコピーしました